正社員が副業でチャットレディを続けるコツとは?

正社員が副業でチャットレディをすることは可能

お勤め先の規定などにもよりますが、基本的には正社員でお仕事をされている方が副業でチャットレディとして働くことは可能です。

チャットレディはどの求人案件も勤務時間等が自由なので、普段のお仕事や生活習慣に合わせて無理なく続けられるお仕事内容となっています。

その上、チャットレディのお仕事はどの案件も高時給です。

1日短時間働くだけでかなりの収入アップが期待できるので、副業をお探しの方にはぴったりです。

本業に支障がない程度にがんばる

シフト自由と言っても、24時間いつでも好きな時に稼げるとなると、どうしても無理をしてでもがんばってしまいたくなる人も多いでしょう。

正社員のお仕事をこなしてもすぐには収入アップに結び付くことは少ないものです。

なのでなおさら稼ぎやすいチャットレディのお仕事を魅力的に感じてしまうものですが、長く続けていくためには無理は禁物です。

残業のあった日や忙しい時期は極力チャットレディのお仕事を入れないようにするなど、本業に支障がない程度に気楽にがんばりましょう。

在宅でできるチャットレディのお仕事を選ぶ

チャットレディには、事務所やお店等に出勤するタイプの物と在宅できるタイプの物があります。

在宅チャットレディでは、スマホアプリを使ってする場合や、事務所から専用のパソコンを貸し出してもらうこともできます。

一旦会社から帰ってもう一度出勤をするというのはとても体力的な負担が大きいですし、会社から次の職場へ直行するというのも疲労が溜まるでしょう。

在宅で好きな時間にできるお仕事ならリラックスしてくつろぎながら行うことも可能ですし、体力的な負担も少ないはずです。

正社員の方が無理なく副業でチャットレディを続けるなら、ぜひ在宅でのお仕事をおすすめします。

チャットレディで確定申告を行う場合経費になるものはありますか?

チャットレディで確定申告を行う場合経費になるものはありますか?

チャットレディで経費になるものは、チャットレディという仕事で直接かかった費用です。

例えば、ヘッドセット(マイク付きのヘッドフォン)などを自前で用意する必要があっった場合、これを自分のお金で買えば経費になります。

また通信も自宅などで自前の回線を使い、しかも自分のお金で通信費を払っている場合も経費として認められることが多くあります。

ただし、注意点として通信費に関してはプライベートでの利用もあるため全額経費とすることはできません。

こういった場合は按分(あんぶん)と言って一部を経費にします。

例えば1月のネットの通信費が4,000円で、そのうち半分の時間をチャットレディに使っているのであれば半分である50%が経費として認められるという仕組みです。

ちなみに会社のオフィスに行って、会社のパソコンやヘッドセット、回線を利用している場合は当然ですがそれらは確定申告で経費として認められません。

また、雇用契約と言って報酬ではなく給与という形で契約した場合は自宅でチャットレディの活動を行っても経費という形では難しいケースもあります。

このように契約方法や自宅で行う場合は按分などの要素があることなどチャットレディで確定申告を行う場合、いくつか注意点も存在し慎重に申告するケースも少なくありません。

また、当然ですが領収書はきちんと保管しておきましょう。

まれですが非常に高額な報酬を得るようになった場合は、厳密な申告が必要なことも多いので、公認会計士の方や税理士の方に相談するのをお勧めします。

引き合い→スマホライブチャット VI-VO(ビーボ) | 全国の素人女性とスマホでライブチャット! https://vi-vo.link/